ここだけはなおそう

私の教室では11月の終わりか12月のはじめに発表会を行っていますので、
そこへ向けてみんな力いっぱい張ります。
終わった後はなんとなく力が抜けていますが、
じっくりフォームを改善したり、次のステップへ上がる大事な時間ですよね。

毎年、練習に関するアンケートを各家庭に回答いただくのですが、
ほとんどのお母さんがおっしゃるのが、
「ヴァイオリンはやはり難しい。自分の習ったピアノに比べても親のサポートも必要。」
という声が大きいです。

「奏法に関する本を1冊買ってみようと思うのですが、私が読んでも分かりやすいものはありますか?」
とあるお母さんに聞かれ、

これなんかどうでしょう?
と提案した2冊がこちら。
小さな手の  バイオリンのおけいこ
小さな手のためのヴァイオリン・レッスン/松中久義 著
ヴァイオリンのおけいこ/鷲見三郎 著

「それが、これ廃刊になってしまってるんですよ!中古でもすごく高額なんです!」
とネットで調査済みのお母さん。

実は私は実家から持って来ていたので持っているのですが、
なんか得した気分!(*'▽')
昔のお母さんは(私の母親ですら)はこういう本で勉強していたのですね。

最近読んだ本によると、
社会へ出る職業の選択が出来なかったその時代の母親達が、
「子供をヴァイオリニストにすれば、この子はその仕事を全うできる!」
と考え、自分の子供たちに必死でヴァイオリンを仕込んだのだそうです。
演奏家にならなくとも、家で教える事なら、なおさら女性の仕事としては良かったかもしれません。

私が大学生くらいの時ですら、
お見合いするのに音大卒だと有利だから音大に入った。
なんていう話を聞いて、
女性だって職業を自分で選択するのが当たり前だと信じていた私は大きくショックを受けたものでした。

今では女性でも医者や弁護士等、なりたいものは何でもなれるし、
頑張れば家庭と仕事の両立も出来ますよね。
勉強が出来るなら音大なんか行かないでヴァイオリンは趣味で・・・。となるんだそうです。


と大きく話がそれたところで(笑)、

他にも専門的な奏法の本(ガラミアンとかメニューインとか)はありますがとても難しいし、
(図解されていないとなおさら文章で分かりずらい)
最近よく出ている気軽な本は、大人になってから趣味で始める人なども視野に入れて書かれているものが多い・・・。
(時代です)

という所で私がいろんな本を総合的にまとめて
「ここだけは なおそう」
というプリントを作ってみました。
ここだけ1

↑例・左の親指のフォーム
(これ以外に、左のひじ、おさえ方、右腕の角度・・・・と細かくいっぱいあります)

手間はかかりますが、フォームを直す事に意識が向くのと、
「先生はもう言いましたよ!」
と証拠に残るので私にはなかなか良いです(笑)

「○月○日までに なおします」
と本人に期限を決めさせて、書き入れる欄まで付いていて、
半ば脅迫のよう?(苦笑)

ヴァイオリン奏法の知識
↑最近中古で買いましたが、こちらもなかなか良かったです。
ヴァイオリン奏法の知識/菅原英洋 著
しかし、こちらも廃版かもしれません。

おまけ

ここだけ

第3ポジションに移る時の事もあらかじめプリントを渡すと、順序立てて教えやすいので重宝しています。


スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター