嬉しいおきゃくさまが

今春、東京に引っ越してしまった生徒さんが夏休みを利用して遊びに来てくれました。
たった数か月なのに、ぐっと背も伸びてお兄さんぽくなっていました。
子供の成長ってすごいですね。

おきゃくさま

バイオリンも持って来てくれて、今練習している曲を聴かせてくれました。
こちらもぐんと上手になっていて、
新しい先生の元でしっかり頑張っている様子が伝わって嬉しかったです。

生徒さんの中には転勤族の方もちらほらといて、
そのお別れの時には悲しい思いもしますが、
こうやって各地に自分が携わることのできた生徒さんがいて、
みんなそれぞれ成長していく様子を伺えるのは幸せな思いです。

前の先生から預かって、次の先生へと渡していく段階で
大事な可能性を私の時代に潰さないよう、少しでも伸ばせるよう、責任も感じます。

また遊びに来てくれるのを待っています。(*^-^*)




スポンサーサイト

発表会の合奏にむけて

今年は発表会で大人数の合奏をしたいと思います。

特に人数を定めず、やりたい曲をやりたい人が弾くという事で、

・情熱大陸(新しいバイオリン教本3巻以上の人)
・ロンドンデリーの歌(新しい教本2巻以上の人)

情熱大陸は2部に、ロンドンデリーは3部に私が編曲しました。
既成の楽譜では難易度に合わせるのが難しいので、
難しいパート、それほどでもないパートと生徒さんの顔を思い浮かべながら
心をこめて編曲いたしました。((´∀`))

レッスンで希望を聞いています。
実は情熱大陸は私としてはちょっと冒険したのですがものすごく人気が高く、

「情熱大陸、弾きたいですっ!!」

と大きな声で言ってくれる生徒さんが多いです。
正直いって、正確なリズムでぴったり縦の線がそろうのか不安は募りますが、
本番が上手くいくか、いかないかというよりも、弾きたい曲を弾ける喜びがあるのもまあ良い事かもしれませんね。

もう1曲のロンドンデリーの歌は逆に、
「聞いた事ない。」

と言われるばかりでショックを受けています。
オーケストラでも有名な曲としてアンコールで弾く事も多いだけに、

「えっ?そんなに認知度低いの?」

というわけで、ぜひこの機会に聴いてみてください。

クライスラーの演奏するロンドンデリーの歌

さて、今月で終わりにしようと思っている音符カード競争
途中経過3
なんとついに、85枚/1分 が出ました。
さすがにこれ以上は・・・。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター